ツヴィリングフレッシュ&セーブ真空パック機セットの口コミ

キッチン家電

コロナがきっかけでおうちごはんが増えましたね。

それに加えて様々なモノの物価高騰もあって【節約】も我が家の重要テーマ!?

そのために残り物や安いときにまとめ買いした食材を保存できるといいんだけどね。

 

・・・・・でもあるんです、ズバリ真空パック保存

家庭で真空パックなんてホントにできるの???

というクエスチョンマーク連打が正直なところですが、できるんです

 

しかも手間がかかりそうな真空パックを簡単でオシャレにできるヤツがあります!!(^^

ここでは

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ & セーブ 真空パック機 ラメール スターターセット』

をご紹介します。

 

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ&セーブスターターセットの口コミ

 

やはり一番気になるのは実際に使っている人の口コミですよね!
いきなりですが悪い口コミからご紹介します。

悪い口コミ

  • バッグ(袋)が何度でも利用でき、お得で環境にも良いけど洗うのがちょっと面倒
  • 業務用と比べると脱気(真空レベル)があまい
  • プラスチックコンテナの密閉期間が短い傾向がある
  • 専用のコンテナとバッグしか使えず値段が高い

食べた後の食器は洗うので、それが少し増えるだけです。洗う手間より使うメリットの方が断然大きいです。

真空レベルは、おうちごはんで短期間の保存に使うには十分です。1年以上保存するような使い方はしませんよね。(^^

コンテナの密閉については、コンテナ保存を主に使うならガラスコンテナの方が密閉期間が長く、臭い移りもし難いのでガラスタイプがオススメです。

真空保存の数が増えるとスターターセットのコンテナやバッグでは足りなくなり、機能を十二分に使いたいなら純正の専用品を使いたいですが値段は高くなります。そんな場合は旧版のアウトレット品がお安く購入できます。  (^^

御殿場プレミアムアウトレットでも見かけました。

✅ご参考:パックのお手入れの仕方

 

こちら👇が良い口コミですが、良い口コミが多いです。

良い口コミ

  • 1台の真空パック機で、バッグとコンテナのどちらにも使える
  • フードセーバーのようにロールを毎回買う必要がなく経済的
  • 真空ポンプがコンパクト&コードレスで持ちやすく空気を抜くのが簡単
  • 野菜が長期間新鮮な状態で保存できる
  • セットに保存容器(コンテナ)と袋(バッグ)が揃っているので使い勝手がいい
  • シンプルでオシャレなデザインなので片付けなくてもいい、省スペース

 

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ&セーブスターターセット真空パック機とコンテナのサイズ、重さ

実際に使う時のメインとなる真空ポンプですが、

サイズ=幅4×長さ4×高さ19 (cm)、重さ=約0.3kg なのでコンパクトで軽く持ちやすいです。

プラスチックコンテナの大きな方"L"は、

サイズ=幅22×長さ15×高さ12 (cm)、容量=約2.3L(最大保存可能量2.0L) なので十分です。

重さはガラス版が1.27kg、プラスチック版が0.56kgなので、プラスチック版の方が軽くて取り扱いが楽で、密閉期間を重視しないならコチラです。

ちなみにコンテナS、Mの大きさは、

S:サイズ=幅16×長さ9×高さ7 (cm)、容量=約0.4L(最大保存可能量0.3L)

M:サイズ=幅18×長さ11×高さ10 (cm)、容量=約1.1L(最大保存可能量0.9L)

バッグの大きい方のサイズは、幅35×長さ26×高さ1 (cm)です。

コンテナもバッグも中身を入れて、冷蔵庫でスペース効率よく保存できます。

 

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ&セーブ真空パック機の使い方、操作性、音

 

真空ポンプひとつでコンテナ、パック、ワインシーラーに対応しています。

ポンプのキャップをとり、シリコン製の吸い込み口をコンテナやパックの吸出し口に嵌めたら、あとはZWILLINGマークが付いたボタンを押すだけ。

空気を抜いて真空状態になれば自動でOFFになります。

真空ポンプは付属のUSBケーブルで充電できるので、使用時に邪魔なケーブルは要りません。

持ちやすく使い勝手がいいので簡単に真空パックができます

 

遅い時間に作業する方は作動音が気になると思いますが、60㏈ぐらいで数値としては結構ありますが、実際にはうるさくて気になるような音ではありません

とはいえ、寝ている家族を起こさないように真夜中は避けた方がいいでしょう。(^^;

 

バッグを開けるときはそのまま開けるだけ、コンテナを開けるときはプラグを外せば簡単に開けることができます。

 

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ&セーブ真空パック機の故障

 

脱気(真空にする)の際に液体の吸い込みによる故障が要注意点です。ただし、その防止用に「リキッドプロテクター」が付属しているので安心

口コミでは、充電してもポンプが作動しなくなったという故障の例もあるけど、初期不良も含めて発生率は非常に少なく、メーカー保証の範囲で取り換えればいいかと。

動く部分はポンプ(モーター)だけというシンプルな構成なので、取扱説明書に従って使用するなら故障はほとんどないでしょう。

 

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ&セーブ専用のスマホアプリは?

 

コンテナやバッグにはそれぞれQRコードが付いていて、専用のスマホアプリで真空保存したものの管理ができます。

QRコードをアプリの画面で読み取って、入れたものを登録すれば自動で作成日と保存期限を設定・表示してくれます。ちなみに、ジップロック保存の5倍らしいです!

期限前に通知してくれるので、冷蔵庫にあるもので買った日や消費期限が??で不安になることもなくなるし、バッグの中身が??ということもなくなります。

とはいえ、アプリに頼りすぎはいけません。(^^;

 

ツヴィリング(ZWILLING)フレッシュ&セーブスターターセットの選び方

 

コンテナかバッグに食材を入れて真空ポンプで真空パックするという使い方なので、別々に揃えるメリットはなく届いた日から真空パックができるスターターセットが、価格も含めてお勧めです。

ご紹介するスターターセットは、

真空パック機×1、USBケーブル×1、プラスチックコンテナL×1、保存バッグS/M×各2、保存バッグL×1、クリップ×1、リキッドプロテクター×1

のセットになります。

コンテナはガラスかプラスチックどちらがいいか

スターターセットのコンテナは、プラスチックタイプかガラスタイプになります。

煮物や酢の物など調理した汁物を保存するなら、臭いが移りにくいガラスタイプが安心ですが、野菜や果物などの保存がメインなら軽くて扱いやすいプラスチックタイプの方がいいです。

スターターセットに含まれるものはすべて別売で購入できるので、コンテナも取敢えずどちらかのセットで真空パック生活を始めて、必要なものを買い足していくといいです。

 

コンテナのサイズ(L、M、S)は?

ご紹介するスターターセットには、Lサイズのプラスチックコンテナが1つ付いてきます。

大(L)は小(S、M)を兼ねるでしょうが、コンテナをメインで利用したい方は、別のサイズも含め追加で購入した方がいいですね。

コンテナのサイズによる使い分けとしては大体こんな👇感じです。

  • M/Lサイズはベビーリーフやクッキーのようなものがオススメ
  • まとめ買いした食材やまとめて調理したものを保存する場合はLサイズ
  • 余った食べ物を保存するような場合はS/Mサイズ
  • いろいろなものを保存する場合は、基本Sサイズにしないと冷蔵庫に収まりきらない

ワインシーラーは別売り

専用のワインシーラーがありますが、キットには付いていないのでワインが好きな方は別に購入しましょう。

 

ツヴィリング フレッシュ&セーブスターターセットのメリットとデメリット

ツヴィリング フレッシュ&セーブスターターセットのメリット、デメリットをまとめると……

デメリット

  • パックを洗うのがちょっと面倒
  • コンテナのフタが2重になっていて洗い残しや水切りが気になる
  • パックの中のものを取り出す度に真空にするのがちょっと面倒

メリット

  • 真空保存にしたパックは自由に開け閉めできる
  • 真空コンテナを使えばつぶしたくない食材も真空保存できる
  • 真空ポンプがスタイリッシュで、小型なので収納にも困らない
  • 真空ポンプが充電式&コードレスなのでボタンを押すだけで簡単に真空保存できる
  • パック(袋)やコンテナ、ワインシーラーといろいろな保存ができる
  • 保存品を簡単に管理できるスマホとの連動アプリがある

メリットの方が圧倒的に多いですね!

 

ツヴィリング フレッシュ&セーブスターターセット/まとめ

 

ツヴィリング(zwilling)のフレッシュ&セーブスターターセットは、家庭用の真空パック機としてはとても優れものなので、真空パックを利用して調理の時短や食材ロスを減らしたい方に超オススメです。時間とお金の節約になります。

これがあれば、週末に食材をまとめ買いして、下ごしらえや料理を作っておけば、忙しい平日のご飯が一気にラクになります。

仕事に家事、そして大切なプライベートなど、何かと忙しい現代人だからこそ、手間と時間、お金を少しでも省ける便利な調理家電は、強い味方といえます。

手に入れた瞬間から真空保存が始められ、いつでもおいしい食材や料理が食卓にさっと出せるのはありがたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました